体重が平均よりかなり多めの男の子は肥満児になるの?

うちの子(男の子)の体重について

うちには小学3年生の男の子がいます。

身長は130センチちょっとで体重は33キロです。

身長も体重も平均以上。

特に体重は結構オーバーしています。

色白で丸顔なため、元々柔らかい印象なのですが…

最近はおなかもプクプクしてきたため…

これはまずい、ダイエットしなきゃ!と思うほど

もちろんこれは母である私の責任でもあるんですけど…

うちの子の食欲といったら大変なんですよ。

まさに“止まることを知らない”とはこういうことか、って感じなんです。

生まれた時は身長も体重も普通。

ちょっとしっかりした体型ではありました。

でも、生まれてからまだ10年も経たないのに、こんなにプクプクちゃんでどうするの~?

体重の増加に思い当たること

うちの子がこうなったのには、思い当たるふしがあります。

私は上の子(女の子、痩せ型)の時もそうだったのですが、母乳の出が悪くて新生児の早い時期に完全ミルクで育てました。

ミルクって、一回に飲ませる量と一日に飲ませる量の目安がありますよね。

特に一日の量はオーバーするとあまり良くないと言われていたように記憶しています。

実は下の子(男の子)は、ある時期からミルクを大量に飲んでいたんです。

よく言うじゃないですか。

ミルクは一定の量を飲ませて、まだ欲しがる場合は白湯やお茶を飲ませるようにするとか、気を紛らわせるために遊んであげたりするといいって。

でもうちの子は、そんなだまし手には全然乗ってくれなかったんですよ(泣)。

とにかく、自分のおなかがミルクで満たされるまでは、何をしてもひたすら泣く、泣く、泣くの大泣き攻撃で、毎回私は降参。

白旗を振りながら、いそいそと追加のミルクを作ってあげていたんです。

うちの子の当時の食欲(ミルクなので飲欲?)たるや。

本当にもう、胃袋に穴が空いてるの?と疑いたくなるような勢いだったのです。

その後、離乳食になって多少食欲は落ち着きましたが…

身長体重ともに、よそのお子さんよりは大きめに育ち続けました。

体重だけを気にする必要はない?

そうしているうちに、ある時、小児科の定期健診で先生に恐ろしいことを言われてしまいました。

「このまま行くと、確実に肥満児になりますよ。」

ガ~ン…

何となく分かってはいました。

けど、小児科の先生から直接言われると結構こたえるんですよ、これが(泣)。

まだ満2歳にもなっていなかった頃で、その頃は食後に“もっとくれ攻撃”を受けていなかったため、少し安心していたんですよね。

その翌朝、保育園に子どもを預けながら、担任の先生に小児科で言われたショッキングな内容を正直に話しました。

すると先生は笑い飛ばしながら、こう言いました。

「確かに身長と体重の数値だけ見たらそうかも知れませんけどね、お子さんのように元気に走り回って筋肉質な子は肥満児なんかになりませんよ!そのうち背が伸びるんです!」

と、明るく話してくれたのです。

ありがたかったですねぇ。

胸のつかえがす~っと取れた感覚でした。

確かに…小児科の医師なんて、定期健診の時にしかうちの子を見ないわけで、そんな人に数値だけで肥満児になるなんて言われたくないわ!というのが本音ですよね。

男の子だって体重は気にする

うちの子はそれから小学校入学くらいまでは、体重は平均以上だけれども太ってはいないという状態をキープしていました。

ところがここ最近の、毎日が食欲の秋的な食生活によって最初にお話したようなおなかプックリ体型になってきてしまいました。

近頃の小学生は男女ともに見た目を結構気にするんですよね~

そのせいか、うちの子もだんだんと自分の体重に神経を使うようになってきました。

私としては、まだまだこれから背も伸びるでしょうし、高学年になるにつれ運動量も増えると思ってはいます。

でも、本人はやっぱり友達から体重に関して何か言われるのが一番こたえるみたいです。

男の子の体重 まとめ

うちの子もまだ小学3年生ですから、この先、体重も身長もどうなるか分かりません。

もしかしたら、小児科の先生に言われたように肥満児になってしまうかも知れないし、男の子ですから、ある時急激に背が伸びて私の心配なんて吹き飛んでしまうかも知れません。

まだまだ未知数です。

でも、大切なのは、体重の多い少ないにかかわらず子供本人が健康で毎日楽しく過ごしているということですので、あまりプクプクのおなかを見てからかわないようにしたいと思っています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする