平成の小学生の体格を見て昭和生まれの母が思うこと

最近の小学生の体格

私はマンションに住んでいるのですが、マンションのすぐ隣に小学校があります。

始業や給食の時のチャイムがきれいに聞こえるくらい、すぐ横なんです。

なので、朝夕、小学生を見る機会が多いのですが…

いやはや最近の小学生って、男女ともにみんなモデルみたいな体格なんですねぇ。

頭は小さく、手足は長くて…

毎日何を食べてるの?

と、インタビューしたくなるくらい、みんなスタイルがいいんです。

私が子供の頃って、特に小学生の時期には、今から考えると本当に子供っぽい体格の子が多かったような気がするんですが…

皆さんはどう思ってらっしゃいますか?

そもそも体格とは?

体格とは一体何のことでしょうか?

調べてみると、いわゆる体つき、骨組み、肉付き、太り具合などを指す言葉のようです。

もっと難しく言うと、身長、体重、胸囲、座高、その他の要素を総合したもの。

だそうです。

体格指数なんてものもありますね。

成人にも使われるBMIですとか、ローレル指数、カウプ指数など…

それはそれは、たくさんの指数が存在します。

果たして、どれが我が子の体格を見るために適当なのか?

あまりに数があり過ぎて、全く訳の分からない世界なんです。

こんなに細かくあれこれ見てみないと分からないものなんでしょうかね~?

大体、体格ってそんなに重要なものなんでしょうか?

とすら思ってしまいますが…

体格を良くするには

体格とはなんぞや?

と、シンプルに考えた時、結局は、体重と身長から見た体つき、ということになりますよね。

よく言われる、体つきがいい、悪いというのは、身長と体重のバランスが取れた、見るからに健康そうな子供のことをいうものと思われます。

では、うちの子供の体格を少しでも良くするためには、どうすればいいのでしょうか?

私が思うに、最近の小学生は外遊びをしなくなりましたよね~。

学校から帰って、宿題を済ませたらとにかく外に出て遊ぶ!

というのは、もう昔の話で…

最近の小学生のスタンダードではなくなった気がします。

宿題が終わったら、学習塾…

そうでなければ、ピアノ、そろばん、習字など、体を動かすことよりも屋内で机に向かって学べる何かをすることが多いような気がします。

もちろん、水泳、体操、剣道などの運動系の習い事をしている小学生もいるでしょう。

でも、公園や学校の校庭、もしくは木の生い茂った隠れ家みたいな遊び場で、子供だけで思いっきり遊ぶというようなことは、現代っ子にはほとんど無いのではないでしょうか。

最近の小学生は、「とにかく、危ないことはしないように」

「怪我したらどうするの?」

という親の庇護の下でのみ、体を使っているような感じなんですよね~

親子そっくりな体格

ちなみに、うちの子供たちは、上の子(女児)の体型は母親似で、下の子(男児)の体型は父親似。

と、まぁ絵に描いたようなそっくり親子です。

自慢ではないですが、女の子は痩せ型で手足が長く、頭が小さくて(これだけは父親似)本当にモデルみたいな体格なのですよ。

一方、男の子のほうは…

肩ががっしりしていて、胴長短足の、どうしてここまで父親に似るの~?

という体格です。

下の子(男の子)は、顔形はそれほど両親に似ていないので、体格だってせめて父親には似て欲しく無かったのに…

見事に父親とそっくりで…

まだ小学生ではありますが、母親としては既にがっかりしている毎日です…

うう、なんて悲しい。

これでは、体格なんて関係あるの?なんて言ってはいられませんよね(笑)。

小学生の体格 まとめ

まだこれからどう変わっていくか分からない小学生の体格ですが、親としては一喜一憂しますよね。

親御さんの体格が理想的であれば、子供にもぜひ似て欲しいと思いますし、そうでない場合には、親とは似ないで理想的な体格になって欲しいと思うのが親心…

当然です!

でもまだ小学生!男女ともに、これからどう変わって行くかは分かりません。

今のお子さんの体格だけを気にしてうじうじするよりも、体格を良くするために、運動させたり栄養を考えたりする必要がありそうですね。

小学生の体格は、身長だけではなく全体のバランスの問題ですので、親御さんのケアが大切なことを忘れないようにしましょうね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。