子供の身長を伸ばすためには、毎日のレシピを工夫する必要が?

子供の身長を伸ばすレシピがある?

子供の身長を1センチでも伸ばしたいと思っているお母さんなら、本を読みネットで調べ、きっとあれこれ対策を練っていることでしょう。

身長とは、遺伝や生活環境そして運動などの様々な要素によってその高低が決まるのですが、なによりも大切なのが食生活ですよね。

食生活は、身長を伸ばすだけでなく、体重の増加はもちろん頭の良し悪しや集中力にも関係してくるそうですから、お母さんにとっては非常に気を遣うべき部分であると言えます。

では、これを食べれば簡単に子供の身長を伸ばせる!というような魔法のレシピがあるのでしょうか?

子供の身長のために必要な栄養

ネットでざっと見てみると、子供の身長を伸ばすために良いとされる栄養素は、

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンD
  • タンパク質
  • 亜鉛

    このの5つだそうです。

食材で見ると、肉類、魚介類、野菜、豆類、海産物、乳製品といった、一般的に「好き嫌いをせずになんでも食べましょう」と言われるものですね。

つまり、特別な栄養を摂らなくてもいいんです。

バランスの良い普通の食事を適当な時間に適当な量。

これでいいのではないでしょうか。

よく誤解されているカルシウムですが、これは骨を伸ばすのではなく丈夫にするので、大量に摂取しても身長にはあまり関係ないようです

うちの子は牛乳嫌いだから背が伸びないのよ、と嘆いているお母さんがたまにいらっしゃいますが、いえいえそれは違いますよ~と言ってあげたいですね。

食事で身長をコントロールできるのか

私を含め、うちの家族4人は皆、平均身長より高いです。

子供たちはまだ小学生ですのでこれから先どうなるか分かりませんが、親の遺伝や生活環境などからしてまだまだ伸びるだろうと思っています。

極端な話、身長を伸ばすための栄養素やレシピがあるのなら、このまま子供の身長を伸ばしたくなければそれらの栄養素を控えめにすれば良いということになりますが…

先に挙げた栄養素は、普通に食事をしていれば摂らないわけには行かないものばかりですよね。

ご飯やパン、麺類といった炭水化物だけを食べさせる…

そんなことをすれば栄養失調になってしまうでしょう。

そう考えると、子供の身長を伸ばすためのレシピなんてものは“あって無きが如し”なのではないでしょうか?

子供が“食べる”レシピでなければ

どんなに母親が勉強して工夫をして立派なレシピを作っても、結局は子供が美味しく食べてくれなければ意味がありません。

いくら身長を伸ばすことを目的にしているとはいえ、子供自身が嫌々食べていては、身長が伸びるどころか逆に縮こまってしまいそうです。

他の食材は一切食べず、肉しか受け付けないというような極端な偏食の子供でなければ(そういう場合は身長ではなく別の悩みになりそうですが)、ゆる~く考えて、色んな食材をバランス良く食べさせる。

その中でも、好きなものはちょっと多めに食卓に並べる感じでいいのではないでしょうか。

我が家では、好き嫌いをしないように何でも食べさせるようにしています。

それでも小学生ですから、出来れば食べたくない食感、味、見た目、そういう食材はたくさんあります。

例えば海草。ワカメは好きだけど昆布はいまいち食いつきが悪い…

などという場合はワカメをたくさん食べさせる。

豆類の場合は、黒豆は食べないけど納豆や豆腐は大好き。

だったら黒豆はパスして納豆を食べればいいんですよね。

親は食べたいけど子供たちは食べたがらない。

そういう食材は子供たちはとりあえず一口だけ食べさせ、別の食事の時に代わりの食材で賄うようにしています。

最近の子供たちは昔に比べてストレスが多いので、せめて食事の時間は嬉しく楽しいものにしてあげたいですよね。

子供の身長を伸ばすレシピ まとめ

身長を伸ばすためのレシピは、ちょっと調べてみるとたくさん見つかります。

また、そういったレシピではなく身長を伸ばす栄養素を盛り込んだサプリメントも最近は売っていますよね。

でも子供って、家族と食べる美味しい食事や友達と一緒の楽しいおやつが何より大好きです。

身長を伸ばすことにこだわらずに、“子供の成長”に必要な栄養素として大きく捉えてレシピを工夫することが何より大切ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。