子供の身長を効果的に伸ばす!そのための運動はこれ!

身長を伸ばすために子供にさせたい運動

子供の身長が高いか低いかは遺伝である程度は決まると言われていますが、もちろんそれだけではありません。

最近はスポーツ教室の宣伝に“背が高くなる”というフレーズがよく見られますよね。

運動をすれば身長が伸びるというのは今や一般常識かと思われます。

では、運動であればなんでもいいのでしょうか?

いえいえ、身長を伸ばすために効果的な運動というのがいくつかあります。

骨に対して縦方向の運動である、ジョギング縄跳びバレーボールバスケットボール、そして軟骨に刺激を与える運動として水泳などが挙げられますね。

水泳は身長を伸ばす以外にも、子供の頃からやっておくといいとされる運動の代表格ですが、プールでしかできないため、いつでもどこでも手軽に、とは行きません。

その点、ジョギングや縄跳びは費用もかからないので今日からすぐに始められますね!

もちろん、子供がやる気になれば、の話ですけど…(笑)

身長が伸びなくなる運動もある?

身長を伸ばす運動があるのなら、反対に伸びなくなる運動もあります。

例えばウエイトリフティング。

いかにも伸びなさそうですよね。

重たい物を持ち上げるんですから、上からの負荷がすごそうですもんね。

それから、意外にもマラソンが挙げられます。

軽いジョギングは身長を伸ばす一方、マラソンはエネルギー消費が激しいので、子供の身長を伸ばすにあたって効果はないそうです。

他には、疲労が激しすぎる運動も良くないようですよ。

子供の身長を伸ばしたい場合には、同じ運動であっても、これらには気をつけたいですね。

本当に運動をすれば身長が高くなるのか

さて、身長が伸びる運動、伸びなくなる運動がある中で、私が一言申し上げたいのはバスケットボールです。

個人的な意見としては、やったからといって必ずしも身長が伸びるわけではないですね。

それが遺伝の怖いところと言いますか…

私の同級生に小学校高学年から中学、高校と何年間もバスケをやっていた男の子がいまして。

大人になってから再会したのですが、さほど身長は伸びていませんでした。

たぶん成人男性の平均身長にちょっと満たないくらいかと。

もともと彼は、すごく背が低いわけではなかったので、成長期にさほど伸びなかったということになります。

本人も昔の話をしながら「バスケやってたけどあまり伸びなかったな~」と、自虐的に笑っていました。

私の同級生のようなケースもありますので、あまり運動を過信するのも良くないのではないかと思います。

家の中でも効果的に運動を

身長を伸ばすために運動をしろと言っても、最近の子供って忙しいですよね。

スポーツクラブなどで運動をやっているお子さんもいらっしゃるでしょうが、友達と遊ぶ時間もあまりなく、時間があったとして昔のように空き地や公園で全身を使って思いっきり遊ぶということが難しいようですし…

そんな場合は、家の中で朝と夜にストレッチをするのもいいのではないでしょうか。

ストレッチというと骨自体を伸ばすような気がします。

でも、実はそうではなく、筋肉をほぐし、骨格の歪みを直して姿勢を正すことにより内臓の動きが正常になることから、食事で摂り込んだ栄養分を全身に行き渡らせることができるんですね。

ひいては身長が伸びるにあたって良い効果をもたらす、ということです。

ストレッチは費用がかからず、家族みんなで楽しみながらできる運動ですので、ぜひ取り入れたいですね。

子供の身長を伸ばす運動 まとめ

子供の身長を伸ばすためにできることの一つとして、運動があります。

運動といっても何でも良いわけではなく、身長を伸ばす効果のある運動をしなくてはなりません。

また、効果的な運動をしたからといって必ずしも期待通りの結果となるわけではないことも理解しておくことが大事です。

運動は身長を伸ばすだけでなく、ストレス解消や心肺機能を高めるなどの効果もありますから、楽しみながら生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。